ErrorException Message: WP_Translation_Controller::load_file(): Argument #2 ($textdomain) must be of type string, null given, called in /home/ps5japan.com/public_html/wp-includes/l10n.php on line 838
http://ps5japan.com/wp-content/plugins/dmca-badge/libraries/sidecar/classes/ PS5 CFWを脱獄すべきではない理由は何ですか? - ps5japan.com

PS5 CFWを脱獄すべきではない理由は何ですか?

PS5 CFWを脱獄すべきではない理由は何ですか?

ゲーミングコンソールの可能性を最大限に引き出すことは、常に魅力的な考えでした。デバイスをカスタマイズしたり、限定機能にアクセスしたり、可能性のある世界を楽しんだりする魅力は、間違いなく魅力的です。しかし、旅に出る前に、潜在的な影響を考慮し、長所と短所を比較検討することが不可欠です。このブログ投稿では、ps5japan が PS5 CFW ジェイルブレイクの主題を探求し、情報に基づいた決定を下すのに役立つさまざまな側面に光を当てます。経験豊富なゲーマーでも、好奇心旺盛な愛好家でも、コンソールのカスタマイズの世界と、PS5 CFWのジェイルブレイクに注意が必要な理由を掘り下げてみましょう。

PS5 CFW ジェイルブレイク

PS5 のジェイルブレイクに関しては、ファームウェアのバージョンがハッキングの実現可能性を決定する上で重要な役割を果たします。 一般に、PS5 ファームウェアが高いほど、利用可能なハックが見つかる可能性は低くなります。

PS5 ファームウェア 4.51 までの場合、カーネル エクスプロイトを通じてジェイルブレイクの機会が開かれます。 ファームウェア 4.51 以下で動作しているユーザーは、IPV6 エクスプロイトを利用して PS5 の内部へのアクセスを制限できます。 このアクセスには、自作アプリケーション、PS4 バックアップ、ネイティブ PS5 実行などのサポートが含まれます。

PS5 ファームウェア 7.61 (23.01-07.61.00) に移行すると、bd-jb エクスプロイトが有効になり、ユーザー モードのみのアクセスが提供され、一部の限定的なネイティブ実行が可能になります。 このエクスプロイトは本格的なジェイルブレイクを構成するものではありませんが、PS5 上で特定のネイティブ コードの実行を許可します。

さらに、PS5 ファームウェアが 7.60 (23.01-07.60.00) までの場合、Mast1c0re エクスプロイトが登場します。 このエクスプロイトは、Okage: Shadow King のような PS2 リメイク版のバグを利用しており、PS5 で機能します。 理論的には、6.50 および 4.03 を最適にサポートし、7.60 までのすべてのファームウェアに適用できます。このエクスプロイトはカーネル エクスプロイトを構成しませんが、PS5 上で PS2 ISO および PS2 Homebrew を実行できるようにします。

現時点では、PS5 向けに完全な「脱獄」は公開されていないことに注意することが重要です。 現時点では、海賊版の PS5 ゲームをコンソール上で実行することはできません。 そうでないことを示唆する主張は詐欺である可能性があるため、注意してください。 ただし、PS4の「バックアップ」はハックされたPS5モデルでも実行できるようになりました。

PS5 CFW を脱獄すべきではない理由は何ですか?

PS5 の脱獄のジレンマ: アップデートの制限

PlayStation 5 を脱獄するには、本体が特定のファームウェア バージョンまたはそれより古いバージョンを実行している必要があります。 したがって、脱獄する傾向がある場合は、PlayStation 5 のアップデートを控える必要があります。 この決定には、脱獄プロセスが追いつくまで、パフォーマンスの強化、バグ修正、新機能など、将来のアップデートによる潜在的なメリットを逃すというマイナス面が伴います。

さらに、PlayStation Network にアクセスするには、PS5 のファームウェア バージョンが最新である必要があります。 ジェイルブレイクされた本体は古くなっているため、PlayStation Network にログオンできなくなります。 その結果、デジタル ゲームを購入したり、既存のゲームをダウンロードしたりすることができなくなります。 すでにインストールされているゲームを更新することも検討外であり、場合によっては、実行しているものよりも新しいファームウェア バージョンを必要とするディスクベースのゲームをインストールできない場合があります。

禁止リスクを回避する: PSN アカウントと本体の安全性

ジェイルブレイクした PlayStation 5 は引き続きインターネットに接続できますが、オフラインにしておくか、ジェイルブレイクを完全に避けることをお勧めします。 オンラインにもかかわらず、コンソールはソニーのサーバーにデータを送信し続けるため、ルール違反のアクティビティが検出される潜在的なリスクが生じます。 PlayStation の利用規約に違反した場合、Sony はあなたの PSN アカウントを永久にブロックする権限を有します。

アカウントが禁止された場合の影響は深刻で、デジタルで購入したすべてのゲーム、サービス、サブスクリプションが返金できなくなります。 新しい PSN アカウントを作成することが唯一の手段となり、新たなスタートが必要になります。

あるいは、ソニーがPlayStation 5本体自体を禁止することを選択するかもしれません。 あなたのアカウントがそのまま残っている間は、あなたまたは他の人がその特定の PS5 で PlayStation Network にサインインすることは不可能になります。 したがって、PS5 をジェイルブレイクするという決定には、ゲーム体験に永続的な影響を与える可能性のある潜在的なリスクが伴います。

PS5 ジェイルブレイクの欠点: オンライン制限

コンソールをジェイルブレイクすることによる直接的な欠点は、オンライン マルチプレイヤー機能にアクセスできなくなることです。 この制限は、画面分割マルチプレイヤー オプションがないゲームに影響を及ぼし、オンライン プレイが友人との交流のための唯一の手段となることになります。 ただし、ジェイルブレイクすると PS5 は PlayStation Network (PSN) に接続できなくなり、オンライン マルチプレイヤーにアクセスできなくなります。

オンライン マルチプレイヤーの障害を超えて、PS5 のソーシャル ゲーム機能 (シェア プレイやシェア スクリーンなど) は、コンソールがジェイルブレイクされると利用できなくなります。

保証の無効: 法的結果

PS4 または PS5 をジェイルブレイクする行為は本質的に違法ではありませんが、ユーザーとソニーの間で確立された保証契約に違反します。 PS5 の保証に記載されているように、システムを改ざんしたり、ソニーの規約に反して変更を加えると、ユーザーは保証が無効になる危険があります。 したがって、ジェイルブレイクされた本体に問題が発生した場合、保証期間内であっても、ソニーは修理または交換サービスを提供しません。

レンガ造りの危険: 取り返しのつかないダメージ

PS5 の脱獄には精度と専門知識が必要であり、プロセスで一歩間違えると取り返しのつかない結果につながる可能性があります。 重大なリスクは、コンソールが「レンガ化」され、ドア止めや文鎮としての役割を果たす、単なるレンガに似た役に立たない物体に変わってしまう可能性です。 PS5 が永久にブリックされることの重さにより、ユーザーは代替のコンソールを購入する以外に手段がなくなりました。

PS5 CFW を脱獄すべきではない理由は何ですか?

結論

結論として、PS 5 CFWの脱獄を再検討すべき理由はいくつかあります。まず、保証が無効になる可能性があり、何らかの問題が発生した場合にサポートや修理を受けることができなくなる可能性があります。さらに、ジェイルブレイクはコンソールをセキュリティリスクにさらし、マルウェア、ハッキング、不正アクセスの影響を受けやすくします。

さらに、ジェイルブレイクは不安定さやソフトウェアの不具合を引き起こし、コンソールがクラッシュしたり、正しく機能しなくなったりする可能性があります。最後に、ジェイルブレイクに関与することは、製造業者が設定した利用規約およびエンドユーザーライセンス契約に違反するため、法的な結果につながる可能性があります。これらの要因を考慮して、PS 5 CFWをジェイルブレイクしないで、その代わりにその機能を意図したとおりに楽しむことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *